マフラーを巻いた男性

EDを治す

ED治療とは、男性器機能障害を治療することであり、ED治療の方法では薬の服用が一般的です。ですが、そうなる前に生活の改善などをしておくと予防をすることが出来るでしょう。また、治療を始める時期というのもあります。

Read More...

保険適用の包茎

包茎手術の一般的な費用

同じ包茎でも真性包茎やカントン包茎は病気と見なされるため、包茎手術には保険が適用されます。よって自己負担が3割になり、費用は3〜5万円以内で済むのが普通です。ただし病院の泌尿器科で包茎手術を受けると、真性包茎は治っても仮性包茎になることがあります。また目立つ傷跡が残ったり、強い痛みを伴ったりする場合もあります。 仮性包茎には保険が利かないので、美容外科などで自由診療を受けることになります。このときの費用は10〜20万円ぐらいが相場です。もちろん真性包茎でも包茎手術を受けられます。美容外科の手術は、傷や痛みが残らないよう配慮されているのが特徴です。オプションでペニス増大術なども受けられますが、料金が高額になる点は要注意です。

美容整形のひとつと考える

古代ギリシャでは包茎のほうが美しいとされていましたが、逆に古代エジプトでは包茎手術が行なわれていました。ユダヤ教やイスラム教では、現在でも子どものうちに包茎手術をする習慣があります。 20世紀半ばには、包茎はガンや早漏・短小の原因になるという説があって、さかんに包茎手術が行なわれました。しかし現在では、このような説は否定され、むしろ包皮の役割を肯定的に考える説が提唱されています。 仮性包茎の手術は美容整形の一種であり、包茎を恥ずかしいと思うかどうかは個人の問題です。あるいはパートナーとの相性もあるでしょう。コンプレックスを持ったまま生きつづけるぐらいなら、思い切って包茎手術を受けるのもひとつの方法です。